忍者ブログ
パーソナルカラーネイリストを目指す主婦の日記。
カウンター
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ちょこ
HP:
性別:
女性
趣味:
バイク。レザークラフト。スクラップブッキング。
自己紹介:
とにかく何かを作ることが好きなアラサー主婦です。
好きなことには猛突進、しかし面倒くさがりな上に極度の飽き性なのがたまにキズ。。


・2007年 パーソナルカラーアナリスト資格取得
・2008年 色彩コーディネーター1級取得
・2009年 ネイリスト検定3級取得

現在、カラーとネイルを勝手に合体させた、
パーソナルカラーネイリストを目指して奮闘中です。

初めての方は、ぜひプロフィールを読んでくださいね。
最新CM
(10/09)
(05/28)
(05/27)
(05/27)
(05/25)
ブログ内検索
お天気情報
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

色彩検定1級2次対策第3回目の今日は、カードの切り方について。

1級2次試験当日に配られる配色カードのサイズは、横12cm×縦3cm。

一方、色彩検定1級2次の多くの設問は、1cm×3cmに切って貼るような指示がほとんど。

当たり前っちゃ当たり前ですがカードを切る時は



このようにカットすればいいわけです。

これなら1回のカットで済むので。

カードの裏には、5mm感覚で点が打ってあるので、

下から2つ目の点辺りを目安に、エイっと思い切って切るとよいです。

はさみは出来るだけキレがよく、自分の手になじむものを使ってください。

できることなら、選びたいカードは何枚かまとめて引き出し、

キレイに重ねてからまとめて切ると時間短縮にもなります。

いろんな方法を試してみて、自分のやりやすい方法を編み出してみてください♪


PR

色彩検定1級2次試験では、実技試験が行われるということは前回お話しました。

回答と思われる配色カードを選び出して切って貼る作業。

知識はもちろんのこと、いかに早く効率よく作業ができるかが問題になってきます。

2次試験には、筆記用具の他にハサミとのりも持参することになっています。

たかがハサミ・たかがのりとあなどることなかれ。

どんな道具を使うかで、作業効率が大幅にUPできるのは事実。

そんな訳で今日は、私がオススメするスーパーのりをご紹介致します。

試験には、基本的にはどんなのりを持っていってもOKです。

世の中には、たくさんの種類のノリがありますね。

水のり、スティックのり、テープのりなんかも・・・。

その中で、私が実際使ってみた結果イチオシする商品はコチラ!!



マーカータイプの液体のり。kuretakeの『おやっとのり』です。

街の文房具屋さんや、ホームセンターなんかにも置いていると思います。

お値段は定価¥200と、普通ののりに比べると少しお高いですが、

これがほんっとに使いやすいです!!

まず、ブルーの液体が出てきて塗った場所が一目瞭然。

マーカータイプなので手も汚れず、

予備でもう一本持っていったとしてもペンケースの中でもかさばりません。

そして何よりペン先が5mm程度なので、解答用紙の解答欄に直接塗れちゃうんです。

トリャッと一塗りしたら、あらかじめ切っておいた配色カードを、ペタペタ貼り付けるだけ。

これが水のりやスティックのりだと、

カードの裏にいちいち塗るハメになって手が汚れる。

直接解答欄に塗るにも、わりと太いのではみ出たりしてうまくいきません。

テープのりは楽なのですが、私はあのいちいちカタカタなる音と、

すぐに絡まったり、いつ中身がなくなるかわからない不安定感が嫌で、

だんぜん、こののりの方が使いやすかったです。

私も、私のお友達も、こののりを使って合格しましたので間違いないですよ。

お試しアレー。


色彩検定1級1次試験を受検された皆様、お疲れ様でした。

いかがでしたか~?

結果もわからないまま、

2次対策の勉強もすすめなければいけないので

なかなかはかどらないですよね!!

特に独学でがんばっている皆さんの不安な気持ち、痛いほどわかります。

私も1年前の今頃は、そんな感じでした。

そんなわけで、1級2次試験に向けて勉強なさっている皆様のタメに

ほんのちょっとでもお役にたてたらと思い、

かすかな記憶を頼りに、試験マル得情報をお伝えしたいと思っております。


まず1級2次試験は、問題・回答用紙の他に配色カードが配られます。

それを解答欄に指定の大きさに切って貼るという実技テスト。

筆記問題も多少出ますが、ほとんどが実技の問題です。



日本色研から出ている新配色カード199aというカードなのですが、

市販のものと試験当日に配られるカードにはちょっとした違いがあります。

市販の物には、最初と最後のほうに、

いろんな説明の書いてある白い紙が挟まってあるのだけど、

試験用のカードにはありません。カラーカードのみです。

もちろんカードの裏には、切取線の点々と、

色相番号は書かれてありますが、裏をいちいち見ないでも

貼りたい色を選べるようにカードには慣れておいたほうがいいですよ。

2次試験は時間との戦いですので!

ちなみに、このカード。

試験が終わったら持って帰ることができます。

それともう一つポイント。

当たり前ですが、試験当日は新品のカードが配られます。

ということは・・・そう。めくりにくいんです!

自分が持っている使い込んだカードとは訳が違います。

何度かパラパラーっとやってカードをほぐしたり、

留め具がきつくて動きにくい場合は、表紙か裏表紙のグレーの紙を

思い切ってブチッと引きちぎってしまうのも手です。

隙間がたくさんできてくるんくるんと動くようになりますよ。

それではヽ(*^^*)ノ

先日、やっとやっと色彩検定1級の合格証書が届きました
やっぱり1級の資格証はゴールドカードでした!!

ピカリ~ン☆彡



試験がまだこれからっ!って方は、
この合格証書と、資格証を手にして
(o ̄ー ̄o) ムフフ~とご満悦の自分をイメージしながら
勉強頑張ってくださいね♪♪

イメージは絶対大事ですよ


遅ればせながら・・・
色彩検定1級2次試験合格しましたーーーー!!!

うひょーーーっ。
やった♪やった♪

このハガキが届いたとき、怖くて自分で開けられずダーリンに開けてもらいました。
最初嫌がっていたダーリンですが、
私の必死のお願いにあきらめがついたらしく、
先に結果を見てくれました。

その後、
どう?どう?
と聞く私に無表情で
「自分で見てみな。」とハガキを渡すのでダメだったのかと思ったら、
そこには間違いなく

1級 合格

の文字が・・・
「おめでとう!そりゃあんだけ頑張ってたら合格するわ!」
とダーリン。

やりましたー
独学での1発合格。とっても自信がついた。

これからは、ただの資格持ちにならないようまた努力しなくちゃ!
これから色彩検定を受けようと思っている皆さんの、お役に立てれば幸いです。

忍者ブログ [PR]