忍者ブログ
パーソナルカラーネイリストを目指す主婦の日記。
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ちょこ
HP:
性別:
女性
趣味:
バイク。レザークラフト。スクラップブッキング。
自己紹介:
とにかく何かを作ることが好きなアラサー主婦です。
好きなことには猛突進、しかし面倒くさがりな上に極度の飽き性なのがたまにキズ。。


・2007年 パーソナルカラーアナリスト資格取得
・2008年 色彩コーディネーター1級取得
・2009年 ネイリスト検定3級取得

現在、カラーとネイルを勝手に合体させた、
パーソナルカラーネイリストを目指して奮闘中です。

初めての方は、ぜひプロフィールを読んでくださいね。
最新CM
(10/09)
(05/28)
(05/27)
(05/27)
(05/25)
ブログ内検索
お天気情報
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


見てっ



届いた~~

ネイリスト検定3級の合格通知がぁ

20日に、ネット上では合格者受験番号が発表されていて、

何度も確認したにも関わらず、

『ほんとか??』と

通知がくるまで疑っていた

これでほんと~~に一安心。

よかったぁぁぁ

合格証書は後日発送されるんだって~

楽しみに待っていよっと!


マンツーマンで教えてくれた先生

へたくそな練習に付き合ってくれた、

Cちゃん

Aちゃん

ダーリンのママ

Fちゃん

応援してくれていたみんな

そしてギャルにまみれて、

モデルとして一緒に試験に挑んでくれた

ダーリン

みんなみんな。


ありがとう

みんなの協力のおかげです。

らびゅ~

PR
実技が終わり、死んだ魚のような目のままグッタリしていると、

受験者退場のアナウンスが

試験管の厳しい審査が始まった。

その間、受験者は外で待機。

教科書を開き、筆記試験の勉強を始めるが全く頭に入らず。

とにかく早く筆記を終えて帰りたい気分だった。

審査が終わるとモデルさんは退場。

その後再び受験者は会場に入れられて、

実技試験の道具を急いで片付け、

筆記試験の準備。

筆記用具はペンケースはしまい、

鉛筆のキャップも、消しゴムのケースもはずすように言われた。

筆記の内容は60問、マークシート形式の4択がほとんどで、

噂どおり、わりと簡単な内容だった。

ゆっくり、見直す時間もあったので筆記は多分大丈夫じゃないかな。

そんな感じで、

ネイリスト検定3級の試験が全部終わった。

あとで、ダーリンと合流し爪を見せてもらうと

ありえないくらいバブルがっ

ぅぎゃーー

仕上がりはこちら。



写真ではあまりわからないけど、

とにかくバブルがすんごいです。

審査のときは、3人の試験官が順番に回ってきたそうだけど、

じっくり見た人は一人もいなかったって。

手を取って、サイドとかジロジロ見られてる人もいたというのに、

それってどうなのーー??

なんかめちゃめちゃ不安



気になる結果は、約1ヶ月後。



無理言って、爪を伸ばしてくれたダーリンに感謝です。

帰ってさっそく断髪式ならぬ断爪式?をし、

数ヶ月ぶりに短くなって爪を見て喜んでました

どうか、どうか。

みんなにいい結果を報告できますように

試験開始のアナウンスが流れるまでの数分間、

会場内は妙に静まり返り、唾を飲み込む音まで聞こえそうなほど。

一気に緊張が増す。

開始します、のアナウンスが流れると、

みんな同時にプシュプシュ・・・・

一斉に手指消毒が始まる。

メンダの出を何度も確認したので、ここは難なくクリア。

苦手なオフに。

『お願い。取れて』って心で叫びながら

コットンをスッと引くと、びっくりするくらいキレイにとれた。

前日にピッカピカに爪を磨きあげていたのと、

リムーバーに少し混ぜたアセトンの効果は絶大

開始4分でオフが終わり、ファイリングへ。

誰より早くファイルを持った瞬間、

試験管が目をキラリと光らせて飛んできた。

こ。こわいーーーっ

お願いやさしくしてー。

ドキドキしながら、ファイリングを始めると、

試験管はいつの間にか姿を消した。

ほっ。。

その後もガーゼクリーン、プッシャー、ニッパーと、

人より少し早いペースで進む度に試験官が飛んできては去り、

を繰り返しそのたびに嫌な汗が出る。

途中、左手をお湯に入れようとした瞬間、

ダーリンが頑なに動かさないので『なんで?』って思ったら

キューティクルクリームを塗布してなかった。

ないすふぉろー

ありがとう、ダーリン。

あんたに頼んで良かったよ

そして、いざ。カラーリング!って思ったら、

今頃緊張がピークに達し、手がプルプルプル・・・

震えが止まらない。

おかげで、カラーは散々。

はみ出るわ、ラインがたつくわ、バブルできまくるわ。

おまけにイライラして焦ったせいで、

塗りたてホヤホヤのダーリンの指と自分の手が衝突

一瞬、終わったって思いました。

でもタイムを見たら、まだ時間はある!

気を取り直して、一からやり直し。

何度も深呼吸して、

手をグルグルさせてリラックスさせようと試みたけど、

震えは最後までとまらず。

修正もやればやるほどキレイなラインが出せず、

隙間はますます開くばかり。

結局時間ギリギリまでかかって、実技試験終了。


ネイル検定3級当日④へつづく~


そうこうしているうちに開場が始まり、

自分の受験番号の書かれた席にモデルと共に着席。

私達の席は、入り口側の一番端っこだった。

おまけに隣は欠席。

おかげで両隣は全く気にせず済んだけど、

試験官に常に見られている気がした

早速道具一式を取り出してセッティング開始。

時間は結構あったので、

練習で何度もやらかした、

リムーバーや消毒液が入っているメンダの出が悪いっていう事態を

回避すべく、何度もプシュプシュしてみたり。

ポリッシュをコロコロしてみたり。

コットンスティックを作ってみたり。

またプシュプシュして、

コロコロして、

プシュプシュしてコロコロして、・・・

も~。とにかく笑けるほど落ち着かなかった。

ダーリンは不振人物のように周りをキョロキョロしていた

またかわいこちゃんでも探してるのか、と思いきや

小声で、

『隣の隣の人、モデルに今赤ポリ塗ってんで

ポリッシュオフめっちゃ早いかもしれへんけど、気にしいなや!』

ってまさかのアドバイス

・・・すばらしいモデル様です。

やたら長く感じた準備時間が終わり、事前審査開始。

試験管に『リペアした指とかないですか?』

って聞かれて、ないと答えると、

モデルの手に受験番号のシールを貼られて、

赤ポリの塗りをチラ見されて、

・・・え?そんなもん?

ってほどあっさり終了。

そしていよいよ!!

実技試験開始です。


ネイル検定3級当日③へつづく




前夜は尋常じゃないほど早く布団に入ったのに、

緊張でほとんど眠れませんでした

ずぅーーーーーーーーっとずーーーと、

ケアの行程を考えてました。

眠れないなんてこと、小学校の遠足以来ぢゃ?

それくらいの興奮状態。

まだ3級なのに、この先が思いやられる

そんなわけで、目覚ましが鳴る前に

ノソノソとお布団から脱出。。。

ダーリンは既に起きていました

寝不足な私とは裏腹に、

ダーリンは心なしかスッキリした面持ち。

私は何度目??というほど繰り返した持ち物チェックをし、

ダーリンには強制的に最後のパラフィンパックを

最後の抵抗です

そして会場に向かいました。

開場は9時からだけど、余裕の1時間前到着。

ちらほら、明らかに検定受けますっ!ていう、

赤いマニキュアと黒いバッグを持った2人組みが。

開場時間が迫ってくると、2人組は除々に増殖し、

気づいたら長蛇の列

でも明らかに、私達浮いていました。

キャピキャピなギャルたちに囲まれる、

三十路間近のおばちゃんと、赤い爪したおっさんの2人組。

私はまだいいんだけど、

ダーリンはさぞかし恥ずかしかろうと思って隣をみると、

かわいこちゃん探しに夢中で、

むしろギャルに囲まれウホウホのご様子

心配ご無用でした。

まれに、

おばあちゃんモデルさんや、彼氏モデルさんや、

うちとは逆で、

ネイリストが男の子でモデルが女の子っていう

2人組もいました。

男同士・・・はさすがにいなかったな~。

ザンネン。




ネイル検定3級当日②へつづく。



忍者ブログ [PR]